使い捨てをプレゼントするならココ~!ビーハートビー

普段お仕事でつかえるようにと選んだのですがイエローグリーンの方が違和感なくどのシーンでもつかえるかなと(*^_^*)オリーブの発色は好きですがもう少し濃ければうかないのかなと感じました初めてカラコンを使用しました!いつもコンタクトレンズを使用しているので!度入りは嬉しかったです。まだ慣れないせいか、視界に茶色が見えて使用頻度は少なめですがお出かけの時にはつけたいと思います。両方ともフチがぼやけていて自然なのに、裸眼時よりも明らかに黒目が大きくなっており、まるで裸眼の黒目が大きくなったかのような、かなり上出来な詐欺カラコンです。

コレです♪

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

ビーハートビー ポイント 使い捨てビーハートビー ワンデー 1箱10枚&15枚入 【あす楽対応】【送料無料】【ポイント5倍】度あり 度なし 1日使い捨て 1day BHB BeeHeartB コ

詳しくはこちら b y 楽 天

あまり派手なのは好きじゃなかったので凄くありがたいです。ビーハートは、自然だけど目力も欲しい人向き、ワンデーなのでたまにしか使わない人に向いてるかと思います。イエローグリーンを購入。ただちょっと乾燥しやすいかもです。ただし!かなり微妙な差なので!ビーハートビーのほうもかなり自然です。カラコンはフチが不自然なものが多かったり、黒目がちになりすぎたりするのですが、これは自然にデカ目になれてお気に入りですブラウン購入。私はちょい盛り位が好きなので、着色部分の直径が大きすぎず不自然にならないので良かったです☆ワンデーは清潔なので好きです♪ただ、度を間違ってしまった(笑)次は間違えない様に気を付けなければ!オリーブとイエローグリーンをお試しで購入しました。そこで辿り着いたのが!ウルコンとこちらのビーハートビーno.8(ブラウン)。つけ心地、良かったようです。長時間だと乾きが気になるものの、物凄く自然です!瞳の色が明るすぎず暗すぎずな茶色なので、変に浮く事も無くズレたり白眼が透けるという事もありませんでした。ありがとうございました。前使ったのがディファインのモイストだったので比べてしまうとどうしても…という感じです(^_^;)。外箱潰れてました(´・ω・`)中身は確認しましたが問題なさそうですブラウン購入したのですが、色が地色とほとんど同じでナチュラルに瞳が大きくなりました。OFFの日にハーフ風に使用してます。)この2つを比較したところ、着けた感じの黒目の大きさ(着色直径)は、ほぼ同じ。商品のページに書いてある通り!派手に盛りたい人にはおすすめしません。ナチュラルでいいです!長い時間は、やっぱり渇きますが…あす楽を初めての利用。発送が早くて助かりました!こちらのお店では初めてですが!今回はいつも使用しているイエローグリーンを購入しました。20代後半に入り!カラコンを卒業しないとかな?と思っており!一気に裸眼に戻るのはなかなか勇気がいるため(^^;フチがぼやけているレンズを色々試しました。そこで分かったことは、フチがぼやけているために、実際の印象は表示されている着色直径よりも小さいということ。こちらでの買い物も初めてのでしたがとてもスムーズに到着しました!キャラメルブラウンは以前使ってたことがあったので!インディゴにしてみました!まだつけてませんが!いろがとても綺麗なので楽しみです☆オリーブ。やっぱりこの色はしっくりきますね。発送も早くて助かります。私はあまり派手な化粧をしないので!派手なカラコンより!これぐらいの方がさりげなく目の大きさを強調できて好きです。娘の面接用にとナチュラルなものをと購入。以上をまとめると!ウルコンはより自然!1ヶ月使えるので日常使い向き!かつ経済的。ただし、フチのぼやけ具合(ドットの緻密さ、グラデーションの自然さ)はウルコンのほうが上で、より自然な印象を受けました。友達にも「今日はカラコンじゃ無いんだね」と言われる位自然ナチュラル系・バレない系を探している人には良いと思いますもっと目力強調したい!って人は好み合わないかと。丁寧に送っていただきありがとうございました。なんか思ってる感じとは違ったので星3つでつけごこちはいい感じです。(ちなみに、小粒目の方は、着色直径が大きすぎる可能性があります。痛くならずデカ目効果抜群です。黒目が茶色っぽい人は、写真のような色になるかもしれませんが、そうでない人はあまり期待できないと思います。ビーハートのほうは!フチのグラデ具合が急なので!逆を返せば!ウルコンよりも若干フチがくっきりし(ぼかしフチではあるけど)目力出る気がします。次は使用した事ない色を購入してみたいと思います。個人差がありますが!グリーンよりイエローが強かったです。なので、もともと目が大きい場合、裸眼時とあまり変わらない、あともう一回り大きければなぁ、というものばかりでした。